偏食など、子供の問題を対処したい時に親がすべきこと

子供が成長するにつれて、
親も色んな問題に立ち向かわないと
いけないことって沢山ありますよね!

息子の偏食や便秘も
その成長過程の問題の一つでした。

今だったら子供がコロナで
情緒不安定になっているという問題に
世界中のママが立ち向かっているのでは
ないでしょうか?

じゃあそんな子供の問題にぶち当たった時
ママはどうしたらいいのか?

アツく語らせていただきますね♡

94519025_2945139462269609_1810788805045649408_n.jpg

*******************



最近自宅で自粛生活をしていて
子供がなんだか毎日兄弟喧嘩したり
発散する場所が無いので
突然泣いたり怒ったりと感情の
起伏が激しいという悩みを告白している
お母さん達からのメッセージを

テレビの色々なニュースで見ました。

今そんなお子さん達が増えているかと
思います。

今日個別相談にお申し込みいただいた
お母さんも、最近親子共々感情の起伏が
激しくなってきた気がするので
なんとかしたいとのご希望で
オンラインの個別相談に参加してください
ました。

IMG_3494.JPG

お子さんのために何とかしたいという
相談者様の想いが
真剣にお話をしてくださる表情から
私にも伝わってきました!

こんな時だからこそ、
家族についての悩みを相談したいという
相談者様の優しいお気持ちが
溢れる時間に私も益々温かい気持ちに♡

お子さんの問題にぶち当たった時
親には大体
3つのパターンの人がいます。

①問題の対処の方法を試行錯誤してみる。

②親の気が向いた時だけ子供に向き合ってみる。

③子供のことでどうにもならないから放置。

みなさんは子供の問題を
感じた時どの選択をしますか?

人生選択の連続なので、正解はないのですが、

私はなるべく

①問題の対処の方法を
   試行錯誤
してみる。

ということをいつでも選択できる
親でありたいと考えながら
子育てをしています。

ですがその①を選択する
自分でいるために
必要なことがあるんです。

自分心と身体が
整っているということ。

親自身の心や生活環境などが
ある程度整った状態でいないと
その選択が出来ないんです。

自分のことが出来ていないのに
人のことを世話する余裕って
ないですよね。

お金に困っているのに
誰かにお金を貸すことなんて出来ない。

それと同じこと。

自分の心と身体に余裕を持たせておかないと
子供のことまで面倒を見てあげられる
親ではいられないんです。

自分自身の土台を
固める必要がある。

じゃあどうしたら
土台を固められるのか?

お母さんは問題が起きても
いつでも心がブレないように

時間の使い方、家事の回し方、
家を整えることなどが普段から
出来て
いる必要があります。

基礎がしっかりしているおかげで
雨、雪、風の問題にも強い家!

そんな家の基礎と似ていますね。

※基礎とは、構造物からの力を地盤に伝え、
構造物を安全に支える
機能をもつ構造のことです(笑)
↑Wikipediaより

家庭の基礎を整えられるのは
お母さんの力量次第!

そのお母さんのための
時間の使い方、家事の回し方、
家を整えることには全てコツがあります!

それを全部手取り足取り
教えてくれるところといえば〜〜

そう、しあわせ土鍋ごはんなんです♡

私、自分が人に自慢できる程
自分がそんなに家事出来るとは
思っていませんでしたが、

最低限生活出来ていたから
家事などに問題なんて
そんなに感じていなかったんです。

ですが、しあわせ土鍋ごはんの講座で
習ったことにより、

自分の家庭の基礎の欠陥に
沢山気づいてしまいました。

我が家、欠陥住宅状態(笑)

住めているけど、
中身はなんだか危なっかしい家!!

それが今では少しずつ基礎が強い
家になってきています。

それもこのしあわせ土鍋ごはんの
講座を受けたからこそ。

私のように家庭の基礎を固めたい方は
是非個別相談にお申し込みくださいね♡