子供の好き嫌いがあるためにメニューが決まらない!

子供の好き嫌いがあるために、
本当は作りたいと考えたメニューを諦めて
手のかかる料理を作っていませんか?

ママは子供の好き嫌いに相当振り回されて
しまいますよね。

ではどうしたら良いのか?

103594971_3088858017897752_607800689277321660_n.jpg


先日浜松にお住まいの
ご相談者様がオンラインの
個別相談を受けてくださいました。

103974128_3084441981672689_8652372788074343677_n.jpg

ご相談者様は子供用のメニューと
大人用のメニューを作る手間に
苦しんでいらっしゃいました。

調理時間に2時間かかってしまう
そうなのです。

私も息子が偏食だった頃は
毎日息子が食べそうなメニューと
私たち大人が食べるものを別々の
メニューで作っていました。

だから時間も倍かかるし、食材も
負担になる。野菜をわからないように
入れようとするからなおさら
手間もかなりかかりました。

『息子がこんな面倒な性格じゃなかったら
どれだけ私は楽に毎日を過ごせるだろう。』
と何度考えたか…。


一生懸命考えて作ったメニューを
1口も食べてくれなかった時の
自分の敗北感と言ったらもう
料理が好きな人でも萎えるような状態

ではどうやったらこの問題を
解決できるのか。


どんなことでもそうですが

自分の思うように勝手に人は
変わってくれることはないです

 

でも自分自身なら
いつからでも変えることは出来る!


まずは自分自身が子供が食べないことに

イライラしない心のゆとりを持つこと。

そして食べないという問題を
感情的に子供に怒ることで解決しようと
するのではなく

どうすればこの問題を
解決出来るのかを状況を受け止め、
冷静に解決方法を考え、
試してみるの
繰り返しを
挑戦することが大事です!

私にとってその問題解決のためのきっかけは
しあわせ土鍋ごはんの教室に通って
ぶづき米の土鍋ごはんを
炊いて
息子に食べさせて
みたことでした。

息子だけのメニューを作ることがそれから
少しずつ無くなり今では

大人と一緒のメニューを作って
ほぼ残したことがありません。


私のような食べ物の好き嫌いが
激しいお子さんに悩むお母さんが
いらっしゃる
のであれば

まずは今あるお子さんの
ごはんを食べないことについての
お悩みを今一度お茶会で
お話してみませんか?