子供が生まれてから、仕事復帰をすることは無理だと考えていました

出産してから子供につきっきりの
毎日が当たり前で、
家事をして年子育児をし、
子供の寝かしつけをしたら
疲れてそのまま朝まで寝てしまうのが
当たり前の生活だった2年前。

そんな私が今は家事や育児もしながら、
しあわせ土鍋ごはんと音楽教室のダブルワークを
しているという未来が待っているなんて
想像できませんでした。

何をどう変えたのかを今日はお伝えします。

103959451_3095220840594803_8440691075571028056_n.jpg


主婦だった2年前の私の頭の中で
考えていたことです↓

●私は子供を育てることだけで
頭がいっぱいだから。

●食事を作って掃除洗濯も
家のことを全部やりながら
仕事をするなんて
私はそんな出来る人じゃない
から無理。

●子育てしながら働いている女性は
世の中には沢山いらっしゃるけど
そんな人は同居や近くに住んでいる
親がいて
きっと協力的なんだ。

●子供が手のかからない
とってもいい子だんだ。

●仕事がそんなに疲れるような
内容じゃない
仕事なんだ。

など私が働けない理由
無理やりにでも作って毎日を
過ごしていました。

自分に時間の余裕がないのは
外的な要因!

私は子供がまだ小さいから
時間に自由な自分の時間が無いことは
仕方がないことなんだと
思い込んでいました。

自分の時間の使い方に違和感を
あまり感じていなくて
主婦だからそんな1日の過ごし方は
当たり前なんだと自分を守っていたんです。

 

現状維持でいい。

その時の私は本当にそのままの自分の
1日の過ごし方で満足だったか?

いいえ。

全然思い通りの生活では
ありませんでした。

自分の息子の偏食で悩んでいた当時、
感じたんです。

もしも息子の偏食がなかったら

もっと

自分にしかできない仕事を何かやってみたいな。
身体を動かすような習い事したいな。
ピアノを弾く余裕ができたらいいな。
家族で旅行に行ける余裕を沢山作りたいな。

などどこかで本当はやってみたいことが
ある自分がいることに気がつきました。

そしてそんな時、
私が以前銀行に勤めていた時
大変お世話になっていた上司が
急にお亡くなりになったという葉書が
届いたんです。

まだまだ上司はお若い方。
突然職場で倒れて
帰らぬ人となってしまいました。

その知らせを知って
ショックで暫く泣き崩れました。

明日私も事故や病気・災害などで命が
無い可能性だってあるのに

自分の思うように1日さえも過ごせて
いないなんて
生きたくても生きれなかった
上司に恥ずかしくないのか。

と考えたんです。

このままじゃ私、死んでから
後悔する人生になっちゃう。

今の当たり前を何か1つでも
変えていかないと
あっという間に歳をとってしまう。

失敗してかっこ悪くても良いから
後悔しない生き方をしようと
決意したことがきっかけで
少しずつ自分の当たり前が変化して
いきました。

ゴールはありませんが、
2年前の私よりかは私らしく
生きていると自信を持って言えます。

みなさんは
今の自分の毎日に満足していますか?

本当に今の生き方で
後悔しませんか?

もし、
自分の子供が好き嫌いが多いために
自分の時間の使い方が本来
やりたい毎日と違うということに
悩んでいらっしゃる方が
いらっしゃるとしたら
自分自身が変われるチャンスです!!