ダラダラする時間、本当はやるべきことをしたいのに出来ないワケ

一日中、なんだかダラダラ過ごしてしまった。
ダラダラしたことに罪悪感を
持った日ってありませんか?

身体と心をリラックスするためならよし。

花を眺める余裕も時には必要ですよね。

しかし!

そうじゃなくてやりたいことが沢山あるのに
出来ない時は何かやり方が間違っているのです。
何が悪いのか?

104475240_3101651126618441_1801602491733615674_n.jpg

お子さんを学校や幼稚園・保育園に
送り出したら、あっという間に
時間が経ってしまい気付いたら
もうお子さんが帰ってくる時間に
なってしまったという方も
いらっしゃるのでは?

私も子供が幼稚園に通い出したら
めちゃくちゃ自分の時間が出来る
から楽になるし、家事も捗ると
思っていたら、

あっという間に時間が
過ぎてしまい
最低限のことしかできなかったという
罪悪感をかなり感じてしまうこと
ばかりでした。

 

では
ダラダラ時間を過ごしてしまう原因

は一体何なのでしょうか?

それは

1日どれだけ時間があって
何をしたいのかが

把握出来ていないこと。

 

が原因なんです。

コロナ自粛の際
私の息子達も幼稚園の登園が
自粛となりました。

 

その時に何が起こったのかというと

朝から晩まで何もやることが決まって
いなかったので食事とお風呂、寝ること
意外の時間が漠然としていました。

そのせいで
子供同士のけんか、家族みんなが自分の
したいことができなくて家族それぞれが
ダラダラと過ごしてしまうという問題が
最初の何日かありました。

ダラダラ過ごして、しかも自分の思う通りに
なかなかやりたいことが進まない環境に
家族みんながなんだかイライラしてそうな
雰囲気がありました。

 

そこで考えたのが

朝から何がしたいのか
子供達に聞いて、大体の毎日の時間割りを
作り、私が誘導するようにしました。

そしたら家族内の不満が一気に減り、
淡々とそれぞれが自分の時間を大切にし、
お家生活でも楽しめることを一生懸命
考えるようになってきたんです。

そして1週間もするとだんだん
少しずつ習慣化してきて、

子供同士のけんかも改善されたし
私自身も自粛生活後半は
あまりお家に子供達がいることが
苦痛と感じることもなくなっていました。

 

やりたいことと時間を把握してから
過ごすのと
何も考えないで
過ごすとでは
かなりの差が生まれます。

ゴールが決まっているのと
ゴールがわからずにただ走るのでは
気持ちも違いますよね。

しかし!

時間を把握して計画したとしても
イレギュラーが割り込んできた時にも
対応出来ないとまた出来なくて
イライラする原因になってしまいます。

時間の使い方さえ学んでおけば
ダラダラ癖が治って全部のことが
上手くいくのだったら、
世の中の人みんなの悩みはなくなる
はずですよね。

悩みを改善する。

そのためには
悩みが生まれた時に考える力・自分の心の
整え方・身体がいつも疲れにくく前向きに
行動できる軽さがあること・普段から
自分の家の環境を整えることなど
それぞれのベースが出来ていてこそ
改善できるようになるのです。

今までの自分の当たり前を変えて
もっと自分の好きなことに囲まれる
毎日を過ごしたい方。

今ある自分の悩みをバネに自分を
変えたいと考えていらっしゃる方に
向けて個別相談を受付開始します。

是非お申し込みくださいね!