毎朝簡単に起きられる食べ方知っていますか?

   

『明日こそは絶対早起きするぞー!』
と思ったけど、心と身体が一致していない。 

  

ベッドから出るまでがモゾモゾしてしまい、 
二度寝常習犯! 
 

毎回どうしても眠すぎて寝坊してしまう、
スッキリ起きられない方はもしかして、
食べ方に問題がある可能性があります。  

 
私も昔から

出発時間に遅刻にならない
ギリギリまでベッドで過ごす、

二度寝、

土日に寝ダメ生活が当たり前でしたが、 

 

今では朝5時開始のミーティングにも
スッキリ起きれちゃうくらいに
早起きが出来るようになりました。 
 
 
それはしあわせ土鍋ごはん流の
食べ方に秘密があります!

 
今日はスッキリ起きられる
食べ方について大公開しちゃいますね♡

毎朝簡単に 起きられる 食べ方 (1).jpg

 

翌朝スッキリ起きたい場合、
いくつか起きられるようになる
方法があるんです!!

今回は食べ方を意識すれば
早起きできるやり方を
ご紹介させていただきますね!

なかなか次の日起きられない
という方は前日まで何を
食べたかに原因がある可能性があります。

ポイント①

油分の多い食べ物を
沢山食べている

名称未設定のデザイン (9).jpg

唐揚げなど油の多い食べ物を食べると
消化に負担になってしまい、
消化に時間ががかかってしまいます。

特に夕飯に大量の油を使ったお料理や
油分の多いお肉類、(バラ肉など)
を食べた場合

次の日まで消化が追いついていないと
胃腸の負担になって
身体が全体的に重い感覚になる方も
沢山いらっしゃると思います。

ポイント②

よく噛んでいない

これは現代人の大半の人が出来ていないと
言われています。

一口食べたら100回は噛むように
意識して、お箸を置く癖をつけるとよいです。

私はなるべく噛むように箸休めする
ためにあえて箸置きを使うようにしています。

名称未設定のデザイン (10).jpg

(1)噛むことで消化をよくする

胃腸の消化の負担になるということは
まず朝スッキリ起きられない
最大の原因です。

胃腸に消化出来ていないものが
何か残っている

=消化のためにエネルギーを
使っているので

身体が眠い。

疲れが取れない。

だる重い状態になってしまいます

胃腸の消化を助けるための
噛むという行為で消化の負担
を軽くしてあげたら全然翌朝が違ってきます!

(2)噛むことで脳の機能を高める

よく噛むことにより脳が刺激され、
血行がよくなり、
栄養と酸素が十分に供給されるんですね!

つまり脳の機能が活発になる
効果が期待できます。

また日ごろから
しっかり噛んで食べている人は、
脳が活発に働くため、注意力や集中力、
バランス能力が高く保たれる可能性が
あります。

脳の機能が正常に働いているので
朝起きるという時間の感覚も正常に
働くんですね!

 

では明日も眠気に繋がる食べ方が
まだまだありますので続きを
紹介させていただきますね♪